INFORMATION
お知らせ

\祝!/東京パラ 日本代表内定!

2020/02/20

福利厚生倶楽部九州と同じ、アソウヒューマニーセンターグループの1つ

障がい者スポーツ選手の支援と雇用をしている「シーズアスリート」所属の

小宮選手・浦田選手(競技種目:ゴールボール)が、

2020年東京パラリンピック 日本代表選手に内定いたしました!

小宮選手はなんと5大会連続、浦田選手も4大会連続ということで…本当に

\(^o^)/ お め で と う ご ざ い ま す !

 

(日本ゴールボール協会からの発表はこちら)↓↓↓

2020東京パラリンピック競技大会第二次内定選手について(女子)リリース訂正.fix.

 

目が見えない状態で、3対3でサッカーのPK戦のように

相手のゴールに向かってボールを投げる・それを阻止する「ゴールボール」。

目が見えないのにどうやって?と思われる方、こちらをどうぞ↓↓↓

(一般社団法人 日本ゴールボール協会HP)

http://www.jgba.jp/goalball.html

 

「ゴールボール」に限りませんが、スポーツ選手というのは

競技をしていない間の日常的な生活というものがあります。

『競技生活+日常生活』の両方を送れないといけません。

一般的に、スポーツ選手の大半は、私たちと同じように

働いて生活費を得ながら、競技生活を送っています。

日々の練習や訓練、国内外への遠征、大会出場など

いろんなことを両立させながらの毎日は、健常者の選手でも大変。

それが障がい者であれば、尚のことです。

そして選手にとってスポーツは、生きがいとも言うべき自分の人生の光。

自分自身を温め、輝かせてくれるものです。

「シーズアスリート」は、障がい者スポーツに励む選手たちが

安心して『競技生活+日常生活』を送れるようにするために誕生した組織です。

2020東京パラを目前に控え、自分を奮い立たせながら日々頑張る選手たちへ

応援よろしくお願いいたします!\(^o^)/

 

「シーズアスリート」について↓↓↓

https://www.ahc-net.co.jp/society/cs_athlete.html

https://athlete.ahc-net.co.jp/

 

カテゴリー
ALL
NEWS
EVENT
ページトップへ戻る

page top