INFORMATION
お知らせ
  • トップ
  • >
  • お知らせ
  • >
  • 総務・人事・経営者のためのメディア「RELO総務人事タイムズ」のご紹介

総務・人事・経営者のためのメディア「RELO総務人事タイムズ」のご紹介

2018/12/05

「人事・評価制度の作り方 失敗例や運用ポイント」「児童手当拠出金とは?」

「法定福利厚生と法定外福利厚生の違い」「401Kの種類とメリット・デメリット」など、

働く人にまつわる情報をお届けする「RELO総務人事タイムズ」。

https://www.reloclub.jp/relotimes/

総務・人事・経営者の方々に向けて、長年福利厚生サービスに従事しているリロクラブと

EBアドバイザー(福利厚生管理士)が、福利厚生/働き方改革/健康経営/

人材・組織開発のテーマに基づいて情報発信を行っています。

福利厚生に関する情報ですので、働く人から見ても面白いかもしれません。

 


今回そこに、長崎県壱岐市様の「SDGs(エスディージーズ)未来都市」の取り組みが掲載されました。

2015年9月の国連サミットで採択された、先進国・発展途上国問わず

世界中の国々が対象となる活動目標「SDGs(持続可能な開発目標)」に則り、

日本政府が選出した国内29地域の「SDGs未来都市」の中でもとりわけ

先導的な取り組みを行なっている「自治体SDGsモデル事業」に選出された

10地域の中の一つが長崎県壱岐市様です。

人口減少や主要産業衰退など、日本や世界の国々を取り巻く諸問題が浮き彫りになる中で、

いかにその地域・国を持続させていくか = SDGs(持続可能な開発目標)を標榜し、

いかに官民一体となって継続的かつ実践的にに取り組んでいくかが問われています。

他人事だと思っていたらあっという間になくなっていた、なんてことにならないように

今私たちが真剣に取り組んでいかなければいけない大切なテーマです。

その取り組みの実例として、壱岐市様が実際どのような活動をされているかは

自治体様だけではなく企業・団体様、そして一般市民である私たちにも

参考になる点が多いのではないかと思います。

 

様々な知恵や情報を駆使し、協力し合って社会・会社・生活を創る。

弊社もその一役を担えるよう、これからも日々尽力して参ります。

カテゴリー
ALL
NEWS
EVENT
ページトップへ戻る

page top