CAFETERIA PLAN

カフェテリアプラン

カフェテリアプランとは

カフェテリアプランとは、企業側があらかじめ利用可能なサービス(以下メニューと呼びます)を設定し、
従業員に一定額の補助金(以下ポイントと呼びます)を支給することで、
各自が自由にポイントの枠内でメニューを利用することができる選択型福利厚生制度です。
一般的な制度は、企業が自社内にて用意した施策を従業員が受動的に享受するスタイルであることに対して、
カフェテリアプランは外部のサービスを活用し、
かつ従業員が使いたいメニューを自由に選べるため、より能動的な制度であると言えます。

提供項目

ポイントは一律にて支給されるため、従来型の福利厚生にあったような恩恵の偏りが発生しません。


自由な制度設計

会社、従業員双方のニーズをくみ取りながら利用ができるメニュー、運用の方法などを各社ごとに自由に設計ができる。


目的の明確化

メニュー設定内容により、企業福利の目的を明確化すことができます。
育児、介護、自己啓発など会社の独自性を表現することが可能です。


安定した予算管理

ポイント設定を行うため、福利厚生予算の上限が確定します。


福利厚生倶楽部の付帯

パッケージサービス「福利厚生倶楽部」によって、現状施策にない新しい施策を一括で取り揃えることができます。
また、ポイントを使い切っても利用制限のない福利厚生倶楽部があるため、いつでも利用ができます。

導入から運用

導入から運用導入から運用導入から運用

カフェテリアプランのすべてを  ワンストップで

制度設計・開発から実際の運用管理、利用実績を踏まえた改善までをワンストップでご提供いたします。


コスト管理の容易な一定会費

導入後、メニューの変更やシステムの改変を行う場合の追加費用は原則頂いておりません。
最新のニーズを反映した制度の運用をご提供します。

※ 大幅なシステムの改修が必要な場合は別途費用が発生いたします


導入事例

  • 法定外福利厚生の抜本的な改革

    法定外福利厚生の抜本的な改革

    従業員が1,000名以上のA企業

    目的

    ・受益公平性の確保、受益者負担の適正化
    ・社員満足度の向上
    ・施策運営の効率化
    ・自社所有資産の有効活用
    ・非効率部分のコストダウン

    現状の福利厚生制度

    食堂・食事手当/社宅/団体保険/財形/社 員持ち株会/保養施設 etc

    カフェテリアプラン制度導入

    必要施策は全てカフェテリアプランの選択メニューに設定
    会社施策及び従業員ニーズに基づき、新たな選択メニューを設定

    運営予算

    現状の福利厚生施策からカフェテリアプランの選択メニューへ移行した予算及び、非効率部分の清算分の予算を合算して、従業員へ一律再配分する。

    従業員へ一律再配分したことにより、福利厚生費の平等性を確保することと、総額福利厚生費の安定を実現。更に、選択メニューを多数用意したことにより、従業員ニーズに応えるとともに満足度向上へと繋がっている。また、運営においても、効率化はもちろんのこと、制度のリニューアルにおいてもスムーズに実施でき、常に最善の福利厚生制度を実施できている。


  • 人事評価制度の改革

    人事評価制度の改革

    従業員が100名以上のB企業

    目的

    ・人事制度を成果主義制度への変更(従来の年功序列型の廃止)
    ・福利厚生制度の平等性確保


    現状の福利厚生制度

    保養施設の複数契約

    カフェテリアプラン制度導入

    従業員ニーズに基づき、選択メニューを設定



    運営予算

    保養施設の契約解除及び新規にて予算計上

    人事評価制度を成果主義制度にすることで、評価が従来より格差がでるため、福利厚生制度に新たな予算を設け、カフェテリアプランを導入し、従業員の平等性を実現することで、満足度を確保することができた。


  • 福利厚生制度の平等性確保

    福利厚生制度の平等性確保

    従業員が100名以下のC企業

    目的

    ・福利厚生制度の平等性確保(半数以上の社員が出向者で制度の違いがあったため)
    ・出向元の福利厚生制度と同程度の実現


    現状の福利厚生制度

    健康保険組合の制度を活用(自社での実 施はなし)

    カフェテリアプラン制度導入

    従業員ニーズに基づきメニューを設定(出向元よりも選択ができるメニューの幅を広げて設定)


    運営予算

    新規にて予算計上

    新規予算で出向者と同じ福利厚生制度(カフェテリアプラン)を導入し、制度の平等化を実現。出向元よりも少ない予算で利用満足度を担保するために、従業員ニーズをより多く組み入れてメニューを設定。

ページトップへ戻る

page top